副作用は悪い意味だけではない!原因と対策

カマグラゴールドの副作用

バイアグラを服用すると、頭痛やほてりの症状を感じる場合があります。
頭痛が起こる原因は、血管を拡げる作用によるものです。
陰茎だけでなく脳にある血管を拡張し周辺の神経に刺激が与えられると、頭痛が起こります。
他に、鼻づまり・消化不良・胸やけ・動悸・めまいなどが言われています。

胸やけは、シルデナフィルの成分が平滑筋まで緩める働きをするため、胃にあるものが食道に逆流しないように働く平滑筋まで弛緩させ発症する恐れがあります。
胸やけを感じた場合は、胃酸を抑える「H2ブロッカーのガスター」の薬がオススメ。
服用タイミングは、バイアグラの効果がでて性行為が終わった後に飲んでください。

副作用は期待していなかった作用とも呼ばれていますが、効果が発現した証拠でもあるので過度に心配しないようにしましょう。

【注意点と対策】
副作用は、併用できる市販の薬があれば服用しても大丈夫です。
市販薬以外にも改善策があるのでご紹介します。
◇用量を少なくする
→バイアグラは25mg・50mgで販売しています。
50mgを服用して副作用を感じた場合は、服用量が多い可能性も。
錠剤を半分にカットして25mgの低用量からはじめてみてください。

◇グレープフルーツや柑橘類は併用しない
→柑橘類に含まれるフラノクマリンの成分が、バイアグラの血中濃度を増強させます。
副作用を強くする・血圧が下がりすぎてしまう危険性があるので、併用はしないでください。

◇体調優れない時に服用
→バイアグラの副作用は風邪の初期症状に似ていると言われています。
体調が悪い時に服用してしまうと、悪化してしまう恐れがあるのでやめましょう。

上記の内容を守ることで、副作用と上手に向き合っていけます。